2013年02月20日

冬のラン(13)

植物館3F温室でデンドロビウム・スペキオ-キンギアヌムの1品種の四万十‘春の恋’が咲いています.これはオーストラリア原産のDendrobium kingianumD. speciosumの交雑種です.茎の先端付近から分岐する花序を出すことや,葉が厚く固いこと,茎の基部が太いことなどでノビル系の品種群と異なります.花には甘い香りがあります.(学芸員EH

DSC06647.JPG

posted by fukui-bot at 00:05| Comment(1) | 園内の様子
この記事へのコメント
デンドロビウム スペシオ・キンギアナム ‘四万十“春の恋”’
(Den.) Dendrobium Specio-kingianum (Lawrence, 1892.) ‘Shimanto“Harunokoi”’
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
from RHS Sander's List.
Dendrobium Specio-kingianum (Lawrence, 1892.)
Genus : Dendrobium
Epithet : Specio-kingianum
Synonym Flag : This is not a synonym
Synonym Genus Name : Dendrobium
Synonym Epithet Name : Spyersii
Registrant Name : Lawrence
Originator Name : Lawrence
Date of registration : 1/1/1892
Seed parent : Dendrobium kingianum Bidwill ex Lindl., 1844
Pollen parent : Dendrobium speciosum Sm., 1804
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Posted by Dendrobium at 2013年03月17日 15:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: